看護師の転職と回数について

日本社会においては多くの企業で複数回の転職回数がある場合には選考の対象から外すことが日常的に行われています。ただし、これはあくまでも一般企業の話であり、医療機関や福祉施設などで働いている専門的な資格や免許を持っているスタッフには必ずしも当てはまりません。

中でも看護師は日本全国で重宝されている有資格者のひとつですが、多少転職回数が多い場合でも採用担当者が目をつぶってくれることがほとんどです。看護師は自身のスキルアップや出産、育児などの理由で職場を離れることが多い職業であるので、今後も転職回数を気にしない医療機関の採用担当者が増加することが見込まれています。

ただし、転職回数が多くなるにつれて専門性が薄れやすくなってしまうために、将来的なキャリアアップを図るためにも自分の適性やスキルに合った職場を選択することが望まれています。今後も転職を検討する看護師にはしっかりと求人を見極める能力が必要とされます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ